相続相談×公道事務所=未来への想い、安心の実現へ 相続相談プラザ公道 運営者:司法書士法人公道事務所

お問い合わせ

まずはお気軽にご連絡ください 04-2991-1805受付時間 午前9時~午後7時(土日相談可)

9:00~19:00
土日相談可
お問い合わせ

埼玉県ふじみ野市 S・N様

相続登記

実印の重要性~ハンコ文化の日本~

項目:
戸籍の収集
項目:
遺産分割協議書の作成
項目:
相続登記

相談内容

「相続で名義変更をお願いしたいのですが」とNさんが事務所にご相談にいらっしゃったのは本格的に秋が始まったとある10月のことでした。

「夫が亡くなりまして。マンションが夫名義になっているものですから今後のことを考えるとさっさと変えておこうと思いまして」とAさん。
詳しくお話を伺うと、Nさんと亡くなったご主人の間には20代のお子さんが二人いらっしゃいます。
どなたが名義を持つ予定なのかとお聞きすると、「子供はまだ若いので、わたしが名義を持とうかと」とおっしゃいました。
そうすると名義変更には遺産分割協議書を作る必要があります。
担当者はお子さん二人が実印登録してらっしゃるのかお聞きしました。
「いいえ、していませんが…。相続手続きには実印が必要なのですね」とAさんはおっしゃいました。

サポート内容

そもそも実印とは何か…。それはお住いの市区町村役場に登録してもらった印鑑のことです。
もちろん自動的に登録されるわけではなく、自分の住んでいる市区町村の役所に印鑑を持って行って登録をお願いする必要があります。

地方自治体にもよりますが、実印登録には顔写真付きの身分証明書が必要ですしご本人以外の人でも登録はできますが、その場合即日登録ができません。
けっこう時間も手間もかかる作業なのです。
そんな手間をかかる作業をしなければならないのが相続が起こった時なのです。
遺産分割協議書を書かなければ必要はありませんが、例えば自宅は全部親名義にして、預貯金は親や子供たちでに均等分ける場合、遺産分割協議書が必要なので、実印登録をしていただく必要があります。

登録する印鑑はなんでもいいわけではなく条件があります。
ただその条件さえクリアしてしまえば三文判でも大丈夫なのが怖いところでもあります。
また実印登録は15歳未満では難しいですが、それ以上の年齢であれば未成年者でも可能です。
Nさんは「わかりました、さっそく子供たちにお願いしてみます」と言って帰られました。

後日、Nさんから「子供たちの実印登録が済んだので手続きをお願いします」とご連絡がありました。
担当者はさっそく戸籍を集め、遺産分割協議書を作成し、相続登記を法務局に申請しました。
実印は自動車やご自宅を購入する時なども必要になります。
人生の節目に使うことが多いので、何かあったときには実印について少し考えてみるのも大事なことだと思います。
ご対応事例一覧

まずはお気軽にご連絡ください 04-2991-1805受付時間 午前9時~午後7時(土日相談可)

お問い合わせ

関連カテゴリ

04-2991-1805受付時間 午前9時~午後7時(土日相談可)

お問い合わせ